SIZZLE(シズル)

twitter facebook instagram line@

2019年7月4日

家具の購入・相談までできるお洒落なカフェを体験 wood good brothers(ウッドグッドブラザーズ)│ (東京・荻窪)

グルメ│403 view 


中央線と丸ノ内線が通っており通勤の便が良く、住みやすい街として知られてきている荻窪。

今回は、その荻窪に住まれているメイクトレーナーの池内ひろこさんがオススメする兄弟で運営されているお洒落なカフェ「wood good brothers(ウッド グッド ブラザーズ)」を紹介します。

家具の購入・相談ができるお洒落なカフェ

「池内さん的にこちらのお店をオススメするポイントはなんですか?」

「えっと…立地的な事なんですけど、凄く駅から近いので来やすいです。(荻窪駅から2分)。で、新しいお店で凄く店内がおしゃれ。このレイアウトとかもご兄弟のお兄さんが色や家具の配置などをしていて、オーナーさんのセンスが見える。さらに、その家具が買えるってのがポイントです。」

「家具も購入できるんですね。」

家具の相談もできるんですよ。実際にお店で座っていいなと思ったものを、ご自宅の家に合う形で提案してくれるんですよ。」


店内にあるテーブルや机など様々な家具を購入をする事ができる。

様々な家具に値札が付いている。ライトや小物なども購入する事が可能。

「へー。家具の相談もできるカフェって凄いですね。」

「それもおしゃれなカフェでやってもらえるって最高じゃないですか!さらに駅近(笑)」

「確かに(笑)」

アットホームな地元の人に愛されるカフェ


wood good brothersは、インテリア担当の木村雄太さん(兄・右)、料理担当の木村雄麻さん(弟・左)の兄弟で運営されている。

「このお店を知ったきっかけは元々近所にあったからなんですか?」

「そうです。近所にあってたまたま入って仕事をしてたんですけど、凄い来ていたら、名前を覚えられちゃいました(笑)領収書を何度も発行してもらっていたので、そこから名前も覚えられました(笑)」

「(笑)実際、他のお客様を見てもオーナーさんと話をされていてアットホームですよね。」

「そうですね。お店入ってくると「池内さんいらっしゃいませ」みたいな。一人一人の名前を覚える接客をされていますね。」

「常連さんも多くて、お二人の人柄が良いからだと思うんですよね。あそこのカウンターで元気ですか?とか最近どうですか?とかお仕事順調ですか?とか。一人一人を気をつかってくれるんです。」


店内のカウンター席。取材時にもお客さんとお話をされる姿が見受けられた。

カウンター席の先にあるテーブル席とソファ席。

「地元の方が多い感じなんですか?」

「多いと思います。ソファ席もあるので、赤ちゃん連れで来ているママさんたちも多かったりしますね。」


店内のソファ席。このソファも勿論購入をする事ができる。

池内さんのオススメメニューは?

「池内さんが良く頼むオススメのメニューはなんですか?」

カフェラテですかね。食事は弟さんの方が企画・マネジメントされていて、メニューの種類もどんどん増えていっています。」

「確かにメニュー表をみると色々な商品がありますね。」


弟の木村 雄麻さんは前職でカフェのバリスタ・商品開発をやられていた事もあり、そのノウハウを使って様々なメニュー開発をしているとの事。

実際に食事してみました。


池内さんおすすめのカフェラテとたっぷりミートソースのラザニア。

「コーヒーやスイーツ以外にも、アルコールや食事なども扱っているんですね。」

「そうですね。カレーとかしっかり食べる事も出来ますし、クラフトビールなども販売しているので夜飲みに来たりもできたりします。」

「こちらはテレビでも紹介されていたダッチベイビーですね。」


王様のブランチなどで取り上げられた「ダッチベイビー」。フライパンではなく、オーブンで焼き上げたパンケーキ。

「サクサクでふわふわしてて美味しいです。」

「美味しいですよね!平日14:30からの限定で土日は予約が必要な人気メニュー(14:30から提供)みたいです。」

インテリア担当の木村雄太さんにお話を聞いてみました。

「改めてなんですが、こちらのカフェのコンセプトを教えていただけませんか?」

「大まかに言うと体験型インテリアカフェです。どういう事かというと食事をしながら実際に購入できるテーブル・椅子・ソファ・照明などを使って頂けるコンセプトのカフェです。身近な物を販売していますが上質な物。量販店で販売しているようなものよりも1ランク・2ランク上のものを提供しています。」

「確かに上質ですよね。」

「ソファって基本的にくつろぐ所だと思うんですけどここは食事もできるようにちょっとテーブルの高さを普段より高めのものを用意しています。なかなかこのテーブルの高さって無くて、探すのに苦労したぐらいなんです。」

「以前に快適な高さにするために椅子の足を1cm削ったお話も聞いた事あるんですが。」

「そうですね。お年寄りの方も多いので、靴を履いても若干ゆったりできるような事も考えて、1cm短くしました。」

「本当こだわってますよねー。」

「実際買われているお客様とかどんなものを買っていかれました?」

「今、お座り頂いているソファやフェイクグリーン、椅子を購入されました。」

「へー。」


購入されたものは店舗の入り口に実績という形で展示されている。

「さっきもお客さんと家具のお話をされてましたよね?」

「そうですね。先程はソファを買いたいとご相談頂いていました。」

「コーヒー飲みつつ家具の相談に来るみたいな感じでもいいんですか?」

「はい。そんな感じで来ていただければ。」

取り扱っている家具のこだわりとは?


兄の木村 雄太さんは前職はインテリアショップに勤務。前職では約300社ほどのメーカーと取引しており、その中から安心してオススメできる20社ほどのメーカーを提案してくれる。

「取り扱っている家具のこだわりってありますか?」

「こだわりは基本的には国内で生産されているもの。もしくは、国内の日本人デザイナーが手掛けているものが多いですね。木を使ったものが多いと思います。」

「wood good brothersのwoodですか?(笑)」

「そうです(笑)それは外せないです。他店さんでは、ガラスのテーブルとかを置いている所もあるんですけど、カタカタギーギーと音が鳴ってホコリも目立ちます。木だったら、沢山使ってもその良さってのは年々変化していって、お店と共に変化していって愛着持てるようなものになるので。」

「国内のものがオススメなんですか?」

「そうですね。海外(東南アジア)の物も最近は質が上がって来てはいるんですけど、お客様がここに来て安心して買って頂けるものとなると、劣化というかその後のアフターフォローが難しい所もあって。僕が実際に見て確かめて買い付けをおこなっているので、間違いないものをオススメしています。」

「こだわりがあるんですね(笑)」

「ある意味僕はこだわりがあって心配症なのでメンドクサイです(笑)皆さんはメンドクサイ人とお話していると思ってください(笑)。先程みたいにいきなりこれ買いたいんですって来て下さる方は勿論嬉しいんですけど、その商品の事をきちんと説明差し上げて、納得して購入して頂くというのが基本になります。」

「先程、〇〇さん(池内さんも知っている常連さん)から聞いたんですけど、欲しいって言ったけど、「本当にそれ必要なの?」みたいなやりとりがあったって聞きました(笑)」

「します(笑)。心配なんですよ(笑)。その商品が本当にその人にフィットしているかどうか。結局、大きな買い物でお値段も高かったりするので。選択を間違って欲しくないので。」

「へー。」

「百聞は一見に如かずと思っているので、実物がメーカーショールームにある場合は行って頂いたりとか。「実際に試してみてどうですか?」と伺います。あとはお部屋のお話を聞いて、こうしたいという雰囲気と合わないなと思ったら「これはいらないです。これはどうでしょう?」とか言っちゃいます(笑)」

「信頼できますね(笑)」

要望を元に最適なインテリアを提案してくれる

「カタログに付箋が沢山はられてますね。」

「そうですね。(お客様に)コーディネート提案するのでその時に僕が貼ったものですね。メーカーによって得意・不得意がありまして、どのカタログを開いたら希望に近い商品があるかというのは頭の中に入っています。本格的に選びたい方は僕に相談して頂いた方がパパパっと出てきます。」

「私がテーブルを探してた時も何社も見てくださって、こうやって付箋を貼って探してくれました。」

「まずはご要望をヒアリングするのが大事です。そこから考えるのが、お部屋のつくりと色・人間工学・どんなライフスタイルかなど一人一人異なる回答なので、そこから提案内容が決まります。」

「そこまで考えて提案してくれるんですね。自分も利用してみたいです(笑)」

「新しくネットショップ をオープンされたんですよね。どういうサイトなんですか?」

「使い勝手から選べる家具のネットショップというコンセプトでやっています。例えばソファを選択した場合、使い方・サイズバリエーション・イメージ・素材などから選べるサイトになっています。漠然としたイメージでチョイスできて、商品本文には商品を選択する際にタメになる事が書いてあります。」

「そうなんですね。これなら遠くの方でも利用できますね。」

店舗情報

wood good brothers(ウッドグッドブラザーズ)

住所 〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目16-20 SNビル1F
電話番号 03-6279-9748
営業時間 11:30~21:00(※日曜・祝日:11:30~18:00)
定休日 月曜(月曜祝日の場合は、火曜休み)
URL http://www.woodgoodbrothers.com

体験レポーター

池内ひろこ
「人生はメイクで変えられる」をモットーに荻窪でメイクトレーニングLa tuils(ラチェール)を運営。

・ビューティージャパン東京大会2019グランドファイナリスト
・ビューティージャパン日本大会2019ロイヤーズコーチング賞
・ビューティージャパン日本大会2019ベストビジョンプランニング賞受賞
・東京カレンダー公認インフルエンサー

>>Instagram
>>Facebook
>>Ameba Blog