SIZZLE(シズル)

その道のプロが厳選したライフスタイルを紹介

twitter facebook instagram line@

2020年4月6日

伊賀の食材を使った新感覚ドリンク&デザートを体験!「伊賀ライスムージー&なまもちプリン」│伊賀忍道


忍者で有名な三重県伊賀市。伊賀の魅力は忍者だけじゃない事を知っていますか?

今回は、新しく2020年3月16日(月)に新しく東京・中目黒にオープンしたコーヒースタンド&レンタルスペース「OPEN NAKAMEGURO(オープン ナカメグロ)」で限定販売されている伊賀ライスムージー&なまもちプリンの試食会に参加&商品を開発されたステレオタイプな忍者のイメージ以外の伊賀の本当の魅力を伝えるべく活動されている「伊賀忍道」の方々にインタビューを致しました。

試食会に一緒に参加したのはシズリストのSarra(さら)さんです。

※取材は2020年3月3日に行いました。

伊賀米を使った新感覚のスムージーとプリン。

今回、販売されている「伊賀ライスムージー」と「なまもちぷりん」は、伊賀産のもち米「伊賀米」を使った新食感のスムージーとプリン。

伊賀ライスムージー」は、忍者の携帯食として有名な兵糧丸をヒントに栄養価の高いもち米をより吸収率の高まるように現代風携帯食にアレンジした商品。飲むおもちのようなスムージーになっており、フレーバーは、プレーン(500円(税抜))・バナナ(550円(税抜))・ほうれん草(550円(税抜))の3種類を提供。

なまもちぷりん」(350円(税抜)は、忍者達が仕事をサボってでも⾷べたくなる「甘味(おやつ)」として、もち⽶の⾷感は残しつつ優しい⽢さと硬さに仕上げた和のぷりんです。

実際に試食してみました。


伊賀ライスムージーは、カウンターで目の前で作ってもらう事が出来る。

まずは、伊賀ライスムージーを実食。

伊賀ライスムージー プレーン 500円(税抜)

「お米がすごい濃厚。お米っていう感じで。おいしいです。ミルクの味もしてなんか優しい・懐かしい感じの味ですね。小さい頃になんか食べた事のある感じがします。」

「見た目はさらさらしてそうなんですが、予想していたよりトロトロしてますね。お腹持ち良さそう。」


伊賀ライスムージー バナナ 550円(税抜)

「バナナは香が凄いですね。味に飽きない感じで美味しいですね。バナナは何でも合いますけど、お米とも合うんですね。フルーツと主食でも合うのが新しい発見です。」

「これも凄い濃厚ですね。」


伊賀ライスムージー ほうれん草 550円(税抜)

「ほうれん草は苦みも無く飲みやすいですね。野菜の苦みとか臭みが無いですね。」

「これは朝に飲んだら良い感じですね。えぐみが無いので飲みやすい。」


次はなまもちぷりんを実食。

「なんかお米のスムージーにプラスなんか入ってますね。ゼリーっぽいもの。」

「なんか初めて食べる触感ですね。」

「あ、わかった。こんにゃくですね。」

「ああ、伊賀の特産のこんにゃくですね。」

「これはすごい女の子が喜びますね!」

商品を開発した伊賀忍道の担当の方にインタビューさせて頂きました。


このプロジェクトの担当の岡山さん。伊賀忍道の野田さんと杉田さん。

伊賀忍道とはどのようなプロジェクトなのですか?」

「元々私達は「伊賀の国 大山田温泉 さるびの」という温泉施設で働いておりまして、去年の11月から「伊賀忍道」というプログラムを立ち上げました。伊賀忍道は、伊賀の里山で生まれた日々のそのままの原風景を活かして、リアル忍者というか所謂忍者なイメージである『手裏剣投げ』とかでは無く、実際に忍者がどういう生活をしていたっていう体験をしてもらえるプログラムになっています。」

「元々、今まであった忍者のアクティビティって少しフェイクっぽいものが多かったんですが、伊賀は里山の暮らしとか工夫された暮らしがありまして。例えば、陶芸とか組紐だとか、伊賀に根付いている体験の中から好きなものを選んで出来るようなプログラムになっています。」


伊賀忍道では、スポーツ、カルチャー、農業体験、民泊、街歩き、温泉のジャンルから好きなアクティビティを体験する事が出来る。

「なるほど。手裏剣投げみたいな物を広めたいわけでは無く、本当の伊賀の本当の生活を広めていきたいんですね。今回、商品を開発して東京で販売していると思うのですがこれはどういう意図があるんですか?」

「伊賀を知ってもらうきっかけ作りですね。口で説明してもなかなか難しいので、その活動を広がるためにも、今回伊賀の食材を使った商品を開発しました。この商品をきっかけに伊賀に興味を持って、実際に来てもらいたいなと思ってこういう活動をしています。」

「また、伊賀は食材も豊富なのでこういうのを知ってもらえるきっかけになるかなと思います。多分イメージないと思うのですけど、伊賀の食材のイメージってどんなのがあると思いますか?」

「うーん。すみません。イメージつかないですね。」

「あまり知らないですよね。実は伊賀牛って凄い有名なんです。」

「実は伊賀米っていうお米も有名なんです。なので日本酒も有名なんですよね。伊賀に来てもらって飲みたいな・食べたいなってブランド作りも課題だったので、こういう商品開発をチャレンジしてみました。」

「『なまもちぷりん』にも『芭蕉こんにゃく』という物を使ってまして、松尾芭蕉が居た町としてこんにゃく作りが昔から残ってたりするんですね。」

「先程飲ませていただきましたが想像していたイメージと違ってお米感が強いですよね。」

「伊賀米って凄い甘いんですよね。食べなれているってのもありますが、一番伊賀米が好きなんですけど(笑)」

「こういう食べ物とかをきっかけに伊賀に来て欲しくて、そこが狙いなんですね。実際に伊賀に足を運んで欲しいと思っています。実際にインバウンドの海外のお客様も本当に忍者がどういう暮らしをしていたのかとか。そういうのを求められて来ますね。」

「へー。海外の方までそういうのを求めて来られるんですね。」

「手裏剣を投げるだけの忍者のイメージを打開したいと思っているというか、里山の暮らしに寄り添うというかそういう部分を見て欲しいと思いますね。」


商品開発された坂本さんと杉田さん。ありがとうございました。

>>伊賀忍道の詳細はこちら

体験レポーター

Sarra(さら)
モデル・通訳。日本と台湾のハーフ。

>>instagram
>>BLOG



関連記事一覧

グルメ

2020年4月6日

伊賀の食材を使った新感覚ドリンク&デザートを体験!「伊賀ライスムージー&なまもちプリン」│伊賀忍道

忍者で有名な三重県伊賀市。伊賀の魅力は忍者だけじゃない事を知っていますか? 今回は、新しく20...

グルメ│2020年4月6日

グルメ

2020年2月22日

チャヤ 1899 東京(CHAYA 1899 TOKYO)│東京・新橋│ドリンクからフードまでお茶づくしの日本茶...

サラリーマンの街として知られている東京都・新橋。その新橋に日本茶専門カフェ「チャヤ 1899 東京(...

グルメ│2020年2月22日

グルメ

2019年11月29日

えだおね(東京・荻窪)│お客様の視点で徹底的にこだわったパンを提供するお店

交通の便が良く住みやすい街として知られてきている荻窪。その荻窪でこだわりのパンを目的に遠方からも来ら...

グルメ│2019年11月29日

グルメ

2019年11月15日

RACCOON CAFE(ラクーンカフェ) 池袋店| 東京・池袋│生キャラメルミルクタピオカが飲めるタピオカ屋。

渋谷、新宿に並ぶ賑やかな繁華街・東京都池袋。 今回は池袋にある今話題のタピオカ専門店「RACCOO...

グルメ│2019年11月15日

グルメ

2019年7月4日

家具の購入・相談までできるお洒落なカフェを体験 wood good brothers(ウッドグッドブラザーズ)...

中央線と丸ノ内線が通っており通勤の便が良く、住みやすい街として知られてきている荻窪。 今回は、...

グルメ│2019年7月4日