SIZZLE(シズル)

専門家が多彩なライフスタイルを紹介

twitter facebook instagram line@

2020年4月13日

お洒落なゲスト(参列者)向けのドレスを借りる事が出来るオンラインサービス│ANDYOU DRESSING ROOM(アンドユードレッシングルーム)

ビューティー│1005 view 


結婚式のお呼ばれ用のドレス。どれもボレロや羽織物など似たものばかりでお洒落なイメージは無いと思いませんか?

今回は、結婚式のゲスト用ドレスやパーティードレスなどの中心にお洒落なインポートドレスのオンラインレンタルサービスを提供している「ANDYOU DRESSING ROOM(アンドユードレッシングルーム))」を取材させて頂きました。

お答えいただいたのは株式会社アンドユーの代表取締役社長の松田愛里(まつだ あいりー)さんです。

結婚式のゲスト(参列者)向けのお洒落なドレスを提供するレンタルサービス。

「改めてなんですが、ANDYOU DRESSING ROOMのサービスを教えていただけませんか?」

「当社のサービスは、結婚式のゲスト向けの衣装レンタルで提供しております。全てオンライン上でご注文して頂いて、ご自宅へご郵送するというサービスになります。

今、ドレスは600着程度ラインナップをご用意しておりますので、結構幅広くお選びいただけるようなラインナップになっています。」


ANDYOU DRESSING ROOMでは、4,500円~9,500円の価格帯で好きなドレスをオンライン上で借りる事が出来る。

「お幾らぐらいから借りる事が出来るんですか?」

「レンタルするお洋服によって違うんですけど、4,500円~9,500円の中から選べます。」

「お安いですね。レンタルする際の流れはどういう流れになりますか?」

「オンライン上で商品を選んで頂いたら、その商品を郵送します。お返ししていただく際は洗濯しなくて大丈夫です。クリーニング代も全てこちら持ちですので、着ていただいて、箱にまた詰めて、コンビニなどで送り返していただくフローになります。」

「洗濯しなくていいのは便利ですね。同業のサービスと比べての差別化しているポイントは何処ですか?」

「一番の差別化ポイントとしているのは、当社の商品が全てオールインポートで揃えています。国産ドレスは一つも無く、全てアメリカやイタリアなど海外から買い付けたドレスラインナップがポイントになっています。

日本ってなかなかパーティーの機会が無いので、どうしてもパーティーにどういうお洋服を着て行ったら良いのか、どういう装いが正しいのかとかなかなかわからない方が多いと思うんですね。

その中で結婚式のゲスト用の衣装なると本当に画一的なスタイルに落ち着いてしまうと思うんですけど、結婚式自体は結構トレンドって推移していまして。新郎新婦さんが当たり前にインポートのドレスを身に付ける時代になってますし、式場自体もガーデンであったり、海の目の前で行ったり。結婚式が多様化していく中で、参列者衣装だけがトレンドが無いという状況になっています。

私自身も結婚式に参列していく中で、なかなか可愛い衣装に出会えないなというジレンマがありまして。そういった点をどうにかして変えられないかなと思って立ちあげたサービスです。」


実際にレンタルをして、当サイトのSIZZLIST(シズリスト)が着た写真。普通のパーティードレスとは違い、華やかなドレスが多くラインナップされている。

「なるほどですね。利用率は伸びている感じなのですか?」

「そうですね。実は2019年の4月に立ちあがったサービスでして、昨年1年だけでも1,000人以上のご利用者を頂いて、徐々に伸びているような状況です。

意外と皆さんレンタルサービスを知らない方もいらっしゃるんですよ。まだまだ購入するという選択肢しか無いと思っている人もいるので。当社だと既に他のレンタルサービスを使っている方々にもっとお洒落なドレスを提供することはもちろんのこと、プラスで潜在層(ドレスを購入しているユーザー)にもアプローチしているような形になります。」

「確かにレンタルという発想は思いつかなかったです。どういう所から利用者が増えていったんですか?」

「主にSNSからですね。当社の強みはデザイン性でドレスを魅せる事が出来るのでインスタグラムとのシナジーがかなり強いですね。」

「結婚式のゲスト以外の利用用途もあったりするんですか?」

「そうですね。一般の方は結婚式の用途が多いんですけど、今法人向けにもリースもやっていまして、結構アナウンサーさんやタレントさんとかにも着て頂いていますね。」

「ああ、アナウンサーの方も使われたりするんですね。」

「そうですね。コンサバだけどちょっとデザイン性が高い服が揃っているので、一番良いラインなんだと思います(笑)」

ブライダルの会社のコンテストで大賞を取り、設立された新しいブライダルサービス。


株式会社アンドユー代表取締役社長の松田愛里さん。

「どういったきっかけで会社を立ち上げられたんですか?」

「実は、ノバレーゼグループ(ブライダル業界の大手企業)の中で新規事業の提案制度というのを毎年やっておりまして。全社員から新規事業を提案できる制度なんですけど、大賞を取れれば子会社化できるよって制度なんですね。ただ、大賞は今まで出た事は無かったんですが。

実は元々経営に興味があって、入社1年目から何案も何案も出し続けてたんですね。勿論、クオリティが高くない企画も沢山あったので落ち続けていたんですけど(笑)5年目に出した案が無事通りまして、その案がこのパーティードレスのレンタル事業という案だったんですね。無事審査が通って、大賞を貰えたという経緯です。

受賞したのですぐに子会社を立ち上げてくれ、と役員に任せていただき、ではすぐにでも立ち上げますって始まったのが2019年1月ですね。」

「そこからお洋服とかを集められて事業化されたんですね。」

「そうです。受賞したのが2018年10月に大賞の発表があって、そこから2か月後に子会社化になったので、ドレス沢山集めて・サイト作ってっていうのをだだだーとやった感じですね。」

「随分タイトですね(笑)全部、同時にやられた感じなのですね。」

「おっしゃる通りです。オープンは2019年4月に決まっていたので、そこに向けて丸4か月間全てやっていたような感じなので。バタバタしておりました(笑)」

「凄いスピード感ですね。何名で立ち上げた感じなんですか?」

「1人なんです(笑)」

「え。1人で全部やったんですか?」

「そうなんです(笑)バイヤー的な業務も1人でもやりましたし、ECサイトのベースの構成だったり・商品選定・ブランディングを1人でやってました(笑)」

「凄いパワフルですね(笑)」

人気のあるドレスをいくつか持ってきてもらいました。

「今回は、実際に良くレンタルされている人気のお洋服を持ってきていただけたとの事なんですが。」

「はい。人気な物・不人気な物が結構分かれてまして。レース・カラーレースの物が凄い人気なんですよ。実際にシンプルなものを一つ持ってきたのですが。」

「どちらかというと袖が覆われていて、あまり肌の露出が少ないけどレースの透け感がでるドレスが凄い人気ですね。」

「こういうの憧れですけど、お店で買うと4・5万円しますよね。」

「おっしゃる通りでなかなか買えないですよね。日本だとこういうドレスってなかなか無くて。トップだけレースとかはあるんですけど、スカートまで全てレースっていうのはなかなか無いです。

海外だと全てレースで、今のトレンドのくすみカラーみたいなのが見つかるんですね。」

「確かにくすみカラーはトレンドですね。」

「このブルーとかも人気でして。やっぱネイビー系とかブルー系とかは凄い良く出てますね。」

「競合さんもブルー系は人気だと思うのですけど、当社はどちらかというとブルーの中でも明るめで、華やかなデザインだけどくすみカラーなどが人気で。これも日本だとなかなか無いラインだと思います。タイトなんですけど、そんなにセクシーになりすぎないっていうのが人気のドレスです。」

「これとかも人気なんですけど、結構華やかだなって思うんですけど、黄色とか赤も人気なんですよね。皆さん、黒とかネイビーとかは既に持っている方も多いので、一着レンタルするなら華やかなものを選ばれる方も多いですね。」

「こういうドレスでもトレンドが反映されているのは良いですね。」

「そうなんですよ。パーティードレスって日本だとトレンドってなかなか無くて。20年前から何も変わらない感じなので、逆にトレンドを作りたいなと思っています(笑)

やはり皆さんマナーを凄い気にされるので、どこまでお洒落をして良いか悩み所だと思うのですが、実際にそんなにマナーとか無くなってきているんですよね。それこそ、花嫁さんがサンダルでとかスニーカーでとかあるような世界で、なぜ参列者だけガチガチのマナーに固められなければいけないのかって思うんですよね。

普段お洒落な方でも、パーティーってなるとなんかダサくなっちゃうみたいなのが勿体ないなって思っていたので、買い付けの際にそういう部分を反映させて、少しでも華やかな服を選んでます。別にデコルテを凄い出すとか肩を凄い出すかとかでは無くて。セクシー路線では無いけど、華やかになるようなドレスを買い付けるようにしています。」

結婚式の価値を高めたい。

「今後の方向性や目標はあったりしますか?」

「立ち上げの時から一番の目標にしているのは、結婚式全体の価値を高めたいという想いでやっているんですね。

参列者の中には結婚式をお呼ばれした時に100%喜べないというか。頭の片隅に「めちゃくちゃお金がかかるなぁ」とか「その月にお金が飛ぶなぁ」とかどうしてもマイナスな方向で考える方も多いと思うんですよね。

若い子が少しでも結婚式を楽しんでくれて、結婚式に参列するって事自体を楽しんでもらえたら、違う未来になるのかなって思ってます。

実は2019の4月ローンチだったんですけど、ローンチした1週間後に自分の結婚式でして。凄いタイミングだったんですけど(笑)参列したゲスト皆さんにうちのドレスを着てもらったんですけど、やっぱり全体の写真とか全然違うんですよね。こちらがこの写真なんですけど。」


松田さんの結婚式のゲストの方々が来ている写真。

「うわ。凄い華やか。普通の結婚式と全然違いますね。」

「本当に華やかで(笑)私自身も色味とか全然考えてなかったんですけど、参列者のお友達自身がガーデンだから春だからって色々と考えてくれて。

チャペルで座っている画とかですら、ちょっと華やかな感じで(笑)凄い楽しかったよーって言ってもらえたりしたのでそういうのを増やしていきたいなぁと思っています。」

>>ANDYOU DRESSING ROOMの詳細はこちら

ギャラリー ※画像をタップすると拡大します。




関連記事一覧

2020年7月31日

アイシャドウの塗り方(基本編)(初心者向け)どこまで塗るか丸分かり!〜人気の3CEアイシャドウパレットで解説!〜

今までに1,700人以上を美しくして来たパーソナルメイクトレーナーの池内ひろこ(いけうちひろこ)...

SIZZLE編集部│170 view

2020年7月31日

2020年7月22日

背筋の正しいやり方(パーソナルトレーナーが実践!間違えると逆に腰痛になる?)

腰痛防止にもなる背筋(バックエクステンション)。やり方を間違えると腰痛がひどくなってしまう事をしって...

SIZZLE編集部│137 view

2020年7月22日

2020年7月16日

アイシャドウパレットの色の選び方〜人気の3CEアイシャドウパレットで解説!〜(初心者向け)

最近ではたくさん色が入ったパレットが主流になってきた、アイシャドウ。 「たくさん色がありすぎて...

SIZZLE編集部│212 view

2020年7月16日

2020年7月14日

ネイルだけじゃなく「楽美(タビ)」を提供するネイリスト インタビュー:Our Jamオーナー山本杏里さん

お客様の代わりに爪を整え、爪に美しい装飾をする職業「ネイリスト」。ネイリストの強みの一つはお客様とじ...

SIZZLE編集部│192 view

2020年7月14日

2020年7月7日

スモーキーアイメイクのやり方│2020年初夏のトレンド!・プロが実践!

2020年春夏トレンド「スモーキーアイメイク」の作り方を知っていますか? 今回は、今までに1,...

SIZZLE編集部│331 view

2020年7月7日