SIZZLE(シズル)

専門家が多彩なライフスタイルを紹介

twitter facebook instagram line@

2020年1月20日

プロが教える似合わないリップの有効活用方法とは「チーク編」

メイク│664 view 


買ってみたものの自分には似合わなかったリップ。自宅で眠っていたりしませんか?

今回は、今までに1,700人以上を美しくして来たパーソナルメイクトレーナー池内ひろこ(いけうちひろこ)さんにプロならではの使わなくなったリップの有効活用方法を教えてもらいました。

眠っているリップの有効活用方法とは。

「みなさんは買ったけど使ってないリップはありませんか?店頭で見た時は「キレイな色だな」って思って買っても、自宅でつけてみたらちょっと違った・・・。ということがよくあります笑」

「また、誕生日プレゼントにもらったものの、自分の好みではなく捨てるに捨てられない。そんな話もよく聞きます笑」

「似合わない色のリップをつけると、顔色が悪く見えたり、老けて見えるものです。」

「例えばこちらはベアミネラルペチュニアという色を使って塗りました。マットで発色抜群なのですが、ブルーベースの方に似合う色なので、イエローベースの私には残念ながら似合いません(笑)」


唇の色だけが浮いて顔色が悪く見えますね。(似合わない色で私自身、とてもソワソワしました。どことなく表情も硬く見えます笑)

ご参考までに私に似合うリップはこちら。ベアミネラルのスパイス

「今回はこのような似合わない・使っていないリップの救済方法をご紹介いたします。」

「ご提案する方法は2つ。チークとして使う方法アイシャドウベースとして使う方法です。」

リップによって使い方が変わる。

「リップの中でもチークとして使う方がふさわしいものとアイシャドウベースとして使う方がふさわしいリップの2種類があります。色の濃いリップはチークに向いていて、色が薄いものはアイシャドウベースに向いています。」

「上の写真から同じ色のリップでも、色の濃さが違うのが分かるでしょうか。」

「チークとして使う場合は、リップの色を出したいので色が濃いリップを使います。塗った際に地肌が見えない発色のよいリップです(写真上側)。」

「また、アイシャドウベースとして使う場合は、色味が出る必要はありません。塗った際に肌が透けて地肌が見えるシアーなリップです。シアーとは「すけるような」という意味。商品の説明に、よく『保湿作用が高くて自然に仕上がります』と書かれているリップはベースに向いています。」

Point

「唇は顔の中でも粘膜が出ている場所で目の次ぐらいデリケートな部分です。ですので、唇向けに作っているリップを他の部分に使っても基本的には問題はありません。ただしメンソレータムみたいなものが入っているリップは使用するのはやめましょう。また、万が一何かあった場合は使用するのはやめましょう。」

メイク開始。まずはチークとしての活用方法。

「まずは、チークとしての活用方法をご紹介します。まずはリップを塗るのと同じく1、2mmリップを出します。」

「そして、頬の一番高い所から耳の付け根に向けて、インディアンのように線を1本塗ります。正面から見た時の黒目の外側の部分からスタートです。気持ち短めに塗るのがポイントです。」

「濃い色のリップで線を引く時には、思い切って引いてしまいましょう!ただし、線の長さは短めに!」

「そして指でぼかしていきます。線の上を叩く感じで肌に染ませましょう。」

「線が馴染んで見えなくなってきたら外側に伸ばすようにグラデーションを作ります。」


だいぶ線が馴染んできました。練りチークのようにリップが肌に馴染みます。

「もし、濃いなと思ったら指を変えてぼかしていきましょう。キレイな指が適度にリップを吸ってくれるので、色味が薄くなり調整できます。」

「チークの線が無くなり完全に馴染んだら、その上にパウダーファンデーションを重ねます。」

「ブラシにパウダーファンデーションを軽くとります。」

「パウダーファンデーションをチークの上に重ねます。」

「万が一、リップを沢山つけすぎてしまった場合は、上にパウダーファンデーションを重ねれば色味の調整が出来ます。簡単に挑戦できるので、ぜひリップとパウダーファンデーションでトライしてみてください。またリップの色味が薄すぎた場合、ファンデーションの上から少しであれば重ねても綺麗に仕上がります。少量づつ付け足して伸ばして調整しましょう。」

チークの完成はこちら。


苦手な色でも肌に馴染む仕上がりに。練りチークで仕上げたような血色感が出ます。

おまけ:チークと合わせてリップとしても使う方法。

「私には似合わなかったブルーベースのリップですが(悲)チークとリップを同じ色にすると相性が凄い良いので、ちょっとした塗り方のテクニックをご紹介します。」

「私自身、不得意な色のリップを使う時には、これからご紹介する「ポンポン塗り」でリップを使うことがあります。簡単ですので、オススメです!」

「まずはリップを1,2mm出したら、ポンポンポンと軽く置くように唇につけていきます。付ける場所は唇がふっくりしている部分中心につけます。」

「決して、「ヌリヌリ」と唇の上を往復して塗らないように!ヌリヌリしてしまうと、似合わない色が濃く着いてしまい残念なことになります(泣)」

「そして軽く唇をんまんましてぼかします。んまんますると、リップが唇からはみ出てしまうことがあります。もしはみ出てしまったら、ちゃんと拭ましょう。」

「そして透明なグロスを塗って完成です。」


リップを塗った後はこちら。普通に塗った時よりも自然と馴染んでいるのがわかる。
Point

「苦手な色のリップは「ヌリヌリ」せず、「ポンポン」塗り+グロスで活用しましょう!」

>>池内ひろこさんのその他のメイク記事はこちら

専門家

池内ひろこ
「人生はメイクで変えられる」をモットーに荻窪でメイクトレーニングLa tuils(ラチェール)を運営。

・ビューティージャパン東京大会2019グランドファイナリスト
・ビューティージャパン日本大会2019ロイヤーズコーチング賞
・ビューティージャパン日本大会2019ベストビジョンプランニング賞受賞
・東京カレンダー公認インフルエンサー

>>Instagram
>>Facebook
>>Ameba Blog




関連記事一覧

2020年4月3日

小顔効果のあるストレッチ・マッサージ3選(パーソナルトレーナーが教える!)

沢山の人が悩まれている顔の大きさ。そんな小顔になれる方法を知りたくありませんか? 今回はハビト...

SIZZLE編集部│161 view

2020年4月3日

2020年4月1日

ベタ眉からの卒業!「立体的な眉毛の描き方」(プロが実践!)

眉毛を描くと「ナチュラルに描けない」「ベタ眉になってしまう」「描いた感がでてしまう」など、お悩みがつ...

SIZZLE編集部│135 view

2020年4月1日

2020年3月30日

ポージングテクニック(意識するだけでこんなに変わる!プロが教える!立ち姿・座り姿)

SNSなどでモデル以外も撮影される機会が多くなっていると思いますが、ちょっとした工夫で綺麗に見えるテ...

SIZZLE編集部│129 view

2020年3月30日

2020年3月27日

無理ない動きで自然と心と身体が良くなる!マインドフルボディーワーク3選!(後編)

ヨガほど柔軟性を必要とせず、無理せず心と身体を整えていくマインドフルボディーワークを知っていますか?...

SIZZLE編集部│186 view

2020年3月27日

2020年3月25日

むくみを解消するストレッチ・マッサージ4選(パーソナルトレーナーが教える!)

顔や手、足など色んな所に出来るむくみ。悩まれている方も多いんじゃないですか? 今回はハビトレの...

SIZZLE編集部│212 view

2020年3月25日