SIZZLE(シズル)
その道のプロが厳選したライフスタイルを紹介
twitter facebook instagram line@

更新日:  公開日:

【新商品レビュー】Dior(ディオール) サンク クルール クチュール 429 トワル ドゥ ジュイ・439 コッパー(イエベ・ブルべ・使い方・スウォッチ)


数あるブランドから発売されているアイシャドウの中でも、特に人気の高いDior サンク クルール クチュール。

今回は、今までに1,700人以上を美しくして来たパーソナルメイクトレーナー池内ひろこ(いけうちひろこ)さんにプロならではの視点から、Dior サンク クルール クチュールの新色をレビューして頂きます!

今回の記事はYoutubeでも公開中。動画で見たい方はこちら。

使いやすさ抜群!Diorアイシャドウに新色登場

「今回は、7月2日(金)に発売されたDior サンク クルール クチュールの新色、『429 トワル ドゥ ジュイ』と『439 コッパー』をご紹介します。」

「とっても可愛らしい色ですよね。少し前までは濃いめの色がトレンドだったと思うのですが、サンク クルール クチュールの新色は爽やかでヌーディーな色だなという印象でした。」

「2色とも可愛いです!どんな発色やラメ感なのか、とても気になります…。」

「それでは早速、1色ずつカラーを見ていきましょう!」

カラー1:429 トワル ドゥ ジュイ

「まず、1色目にご紹介するのが『429 トワル ドゥ ジュイ』です。ヌーディーな色合いで、ピンクをベースとした淡い色でまとまっています。きっとこのパレットを見た時に、多くの方が『めちゃくちゃ可愛い!』と思うでしょう(笑)

発色はデパコスだけあってすごく伸びが良いですし、ラメも細かいです。細かいが故に濡れたような質感に見えるのが良いなと感じました。」

「例えば60歳以降の大人女性は、ラメをつけるとぎらついた感じやしわが目立ってしまうことがあるのですが、これだけ細かいラメであれば大人女性も上品に使うことが出来ます。

逆に言うとラメ感が控えめなので、10代、20代の方は少し物足りなさを感じるかもしれませんね。」

「パーソナルカラーで分けるのは少し難しいですね。イエローベースとブルーベースの色が混ざっています。

ベージュがかったAのカラーと、どちらかというとオレンジみが強く感じられるCのカラーはイエローベースの方向き。シルバーをベースとしたBのラメ、ピンクみの方が強いEのヌーディーカラー、Dのブラウンはブルーベースの方向きです。」

「使い方を考えればイエベさん、ブルべさんどちらでも使えるパレットということでしょうか?」

「そうですね。どの色をメインにするかで決めると良いです。イエローベースの方はCの濃い色を、ブルーベースの方はEの色をメインにして、あとは明るい色と暗い色を組み合わせればどんな肌色の方もまとまります。」

カラー1:実際に塗ってみました。

「Diorは、2パターンの塗り方をおすすめしています。1パターン目が“ソフト ルック”という柔らかい色でまとめる塗り方。2パターン目が“インテンス ルック”という濃いめ色でまとめる塗り方です。

今回は、この2つのパターンで目元を作っていきます。」

パターン1:ソフトルック

「ソフトルックで目元を作るときは、まずAの明るい色をアイホール全体、下まぶたに塗ります。そして真ん中のEの色を二重幅に塗っていきます。最後にBのラメを目の中央にのせていただくと綺麗に目元を作ることが出来ます。」

「この3色を組み合わせて使うと薄く発色するので、あまり濃いメイクが出来ないけど目元をちゃんと作りたいという時におすすめです。

こちらは真ん中のEの色をメインカラーとして使っているので、ブルーベースさんにおすすめの塗り方です。」

パターン2:インテンスルック

「インテンスルックで目元を作るときは、まず真ん中のEの色をアイホール全体に塗ってください。パレット上では少しくすんで見えますが、目元に薄く塗ればそんなにくすみ感は感じず綺麗なベース色になります。

2色目はCのオレンジを目尻をポイントにして三角形になるような形でのせていきましょう。最後にDで目元を締めて完成です。」

「下3色の方がはっきり色が出るので、ヌーディーな中でも綺麗に目元をまとめたいときに良いでしょう。

こちらはCをメインカラーとして使っているので、イエローベースさんにおすすめの塗り方です。」

カラー2:439 コッパー

「2色目にご紹介するのが『439 コッパー』です。イエローベースさんが大好きなオレンジやブラウンでまとまった5色になっています。パーソナルカラーではイエローベース春、イエローベース秋の方が使いやすい色で、中でも下2色が濃いめなのでイエローベース秋の方におすすめのアイシャドウです。」

「AとCが少しメタリック感があるパウダーになっています。Bはゴールドを基調とした黄色っぽいラメで、先ほどご紹介したカラーと同じくとても細かくてお上品です。EとDはセミマットな質感になっています。

色んな質感がこの5色に詰まっているので、アイメイクが作りやすいですね。」

「全体的に濃いめの色が揃っているので、メイクをしたい日にこのアイシャドウパレットの良さが活かせます。先程のカラーはヌーディーな印象だったのであまりメイクが出来ないけどちゃんと綺麗にしたいという日に向いていて、このコッパーはきちんとメイクをしていきたい日に使うと良いです。」

カラー2:実際に塗ってみました。

「先ほどの『429 トワル ドゥ ジュイ』と同じく、こちらのカラーも上3色を使った“ソフト ルック”と、下3色を使った“インテンス ルック”の塗り方をご紹介します。」

パターン1:ソフトルック

「コッパーの場合、1色目は真ん中のEのオレンジからスタートします。この色をアイホール全体に塗りましょう。次にAのキャメルゴールドを目尻に塗ります。このメタリック系のアイシャドウはブラシだと少し発色がしにくいので、薄くのせたい場合はブラシでも良いのですが、しっかり発色させたい場合は指を使うと良いでしょう。

最後に目頭側にBのラメをのせて完成させます。」

パターン2:インテンスルック

「こちらも1色目はEのオレンジをアイホール全体にのせました。次にCのブラウンをのせます。このブラウンは濃くて伸びが良いので、ブラシに少しだけとるようにしてください。

いつもの感覚でいっぱい取ってしまうと、どこまでも伸びてしまってブラウンの目元になってあざのように見えてしまう可能性があります。少しとって伸ばし、足りなかったら付け足すぐらいが良いですね。

最後にDの色を目尻に幅広くのせていくと綺麗なグラデーションが完成します。」

デパコスとプチプラアイシャドウの違いとは?

「2色ともとっても可愛かったです!ちなみに、デパコスとプチプラアイシャドウの違いってどういった部分なのでしょうか?」

「プチプラは、様々な色を安くたくさん挑戦できるという良さがあります。デパコスになると一つ当たりのお値段は高くなってくるぶん、質が良いです。」

「アイシャドウの質というと、どういったところなのでしょうか。」

「例えば、伸びがすごく良いんです。特にわかりやすかったのが、今回ご紹介したコッパーのCのブラウンカラー。例えプチプラで同じような色があったとして、同じ量をブラシに取ると絶対にデパコスの方が伸びが良いです。一方、プチプラはスッと消えてしまう場合が多いです。

ということは、目元で塗りたい幅があった時にプチプラだと何度も重ねなければいけません。したい濃さになるまでアイシャドウをたくさん塗った結果、粉落ちしてしまうんです。」

「なるほど…!色は似ているものがあったとしても、粉質が違うから伸びや発色に違いが出るのですね。」

「そうなんです。デパコスの場合だと少しの量ですごく伸びますし、均等にムラなく伸びるので綺麗です。少しの量で塗りたい幅にしっかりのせられるので、粉落ちがしにくかったりグラデーションが作りやすい。そこがプチプラにはない、デパコスアイシャドウの品質の高さです。」

メイクのプロが選ぶおすすめカラーは?

「今回2色をレビューしていただきましたが、ひろこさんのおすすめカラーはどちらでしょうか?」

「うーん…どちらも素敵ですよね。今っぽいなと感じるのは1色目にご紹介した『429 トワル ドゥ ジュイ』です。」

「マスク生活の状況下で、ガッツリメイクをしたいという人が減ってきているような気がしていて。以前よりも素肌感を大切にしている方が増えてきているように感じます。その中でこのカラーは、ヌーディーで上品かつ綺麗に仕上がるという点で大人女性におすすめです!

ただ、私は濃くメイクするのが好きなので、『439 コッパー』の色の濃さはとても好きです。」

「それぞれの良さが全然違うので、おすすめと言われるととても難しいですね(笑)私がメイクさんとして、今後の撮影や人にメイクをするということを想定して揃えておきたいと思う色は『429 トワル ドゥ ジュイ』、自分のために買うのであれば『439 コッパー』というところでしょうか。どちらもすごくおすすめのカラーです!」

まとめ

「いかがだったでしょうか。今回はDior サンク クルール クチュールの新色2色をご紹介しました。

さすがDior!と言いたくなるような絶妙カラー、粉質、発色、上品なラメ感。品質が高く、個人的にすごく好きなアイシャドウパレットでした。

ぜひみなさんも店頭またはオンラインショップでチェックしてみて下さいね。」

専門家

池内 ひろこ(いけうち ひろこ)
「人生はメイクで変えられる」をモットーに荻窪でメイクトレーニングLa tuils(ラチェール)を運営。

・ビューティージャパン東京大会2019グランドファイナリスト
・ビューティージャパン日本大会2019ロイヤーズコーチング賞
・ビューティージャパン日本大会2019ベストビジョンプランニング賞受賞
・東京カレンダー公認インフルエンサー

>>Instagram
>>Facebook
>>Ameba Blog

池内さんのメイクトレーニングを受けたい方は
>>こちら



関連記事一覧

メイク

2021年10月22日

【限定全色レビュー!】KATE(ケイト) ミニリップモンスター EX-1 真夜中の収穫祭・EX-2 ホーンテッド...

2021年上半期のバズリップと言ったらKATEのリップモンスター。この度、2022年1月に限定のミニ...

メイク│2021年10月22日

メイク

2021年10月19日

【メイクのプロが解説!】失敗しない単色アイシャドウの組み合わせ方・使い方(イエベ・ブルべ)|エクセル アイプラン...

様々な色や質感を楽しめる単色アイアイシャドウ。種類が多すぎてどう合わせればよいのかわからない…と...

メイク│2021年10月19日

ファッション

2021年10月18日

【話題のコラボ!】UNIQLO and White Mountaineering(ユニクロ アンド ホワイトマウ...

アウトドアのエッセンスを独自の解釈で発信するブランドWhite Mountaineering(ホ...

ファッション│2021年10月18日

スキンケア

2021年10月14日

【経過レポート/写真あり ※閲覧注意】ゼオスキンとは?セラピューティックの効果やリアルな口コミ、使用期間や値段を...

年齢と共に増えていくシミやニキビ跡。もう一度肌をきれいな状態にリセットしたいと思ったことはありま...

スキンケア│2021年10月14日

メイク

2021年10月13日

【新作レビュー!】B IDOL(ビー アイドル) むっちリップ 01 こっそりピンク・02 ふいうちレッド・03...

アカリンこと吉田朱里さんがプロデュースしているコスメブランド、B IDOL(ビー アイドル)。 ...

メイク│2021年10月13日