SIZZLE(シズル)
その道のプロが厳選したライフスタイルを紹介
twitter facebook instagram line@

公開日:

【新作レビュー】エクセル(excel) ドレープド シマーグロウ & ハイライトチークブラシ DS01 ピンクグロウ・DS02 ベージュグロウ(新色・イエベ・ブルべ・スウォッチ・使い方)


エクセルから新しく”光のドレープ”をイメージしたハイライトが発売されます。

今回は、今までに1,700人以上を美しくして来たパーソナルメイクトレーナー池内ひろこ(いけうちひろこ)さんにプロならではの視点から、ドレープド シマーグロウをレビューして頂きます!

エクセルから新作ハイライトが登場。

「今回は、10月26日(火)にエクセルから新発売となるドレープド シマーグロウをレビューいたします!ピンクとベージュの2色展開になっています。ブルべースさんとイエローベースさんで肌色に合わせて選べるのも良いですね。」

ラメが入っていないのでギラギラせず、自然な印象になるハイライト。パール感があるので面でツヤが出ます。軽く塗れば薄くツヤが出るし、重ねればその分ツヤが強く出るので調整しやすいのも嬉しいポイントです。」

「では早速、1色ずつ詳しく見ていきましょう。」

DS01:ピンクグロウ

「まずご紹介するのは『DS01:ピンクグロウ』。ピンクみを帯びているハイライトです。青みのあるブルーベースさんに良くお似合いになります。指で取った時にとてもしっとりしていて柔らかく感じました。」

「付属のブラシでふわっと入れるくらいではそこまで色味は出ません。重ねれば重ねるほどピンク感は強く出てくるので、しっかりメイクをしたい方は重ねて使う方が良いでしょう。」

DS02:ベージュグロウ

「まずご紹介するのは『DS02:ベージュグロウ』。こちらは黄みが強いベージュのハイライトです。質感はさきほどのピンクと同じで、しっとりしていて何度も触れたくなるような気持ち良い粉質です。粉っぽいものだと触れた時にボソボソ感があるのですが、それがないのが良いところですね。」

「肌の上に乗せるとイエローベースさんの方が肌に馴染みます。こちらもラメというよりもパール感の方がしっかり出ているハイライトです。」

人気プチプラハイライト3種類を比較してみました。

「プチプラコスメの中でも、ハイライトの選択肢が増えてきて購入する際に迷われる方も多いのではないかと思います。そんな方のために、今回は人気プチプラハイライトを3種類を比較します

『エクセル ドレープド シマーグロウ DS01:ピンクグロウ・DS02:ベージュグロウ』と『セザンヌ パールグロウハイライト 04:シェルピンク』、そして『キャンメイク ハイライター L01:シャンパンゴールド』をそれぞれ似ている色と比較して見ていきましょう。」

エクセルとセザンヌのハイライトを比較!

「まず、エクセルのDS01:ピンクグロウに似ているのは、セザンヌ パールグロウハイライトの04:シェルピンク。」

「色は凄く似ています。ですが、ハイライトはアイシャドウと違ってたくさん塗るものではないので、完成に大きく差が出ることはないです。その上で細かく言うとセザンヌの方が、肌に塗布すると若干白っぽい感じがして、エクセルの方が白みが少ない印象です。」

「エクセルの方がラメが入っていないので、ぎらつき感もそこまでない分落ち着いたハイライトとして自然に仕上がります。もっとツヤを出したい方やハイライトとしての明るさが欲しい方はセザンヌの方が向いているでしょう。」

エクセルとキャンメイクのハイライトを比較!

「そしてエクセルのDS02:ベージュグロウに似ているのはキャンメイクのハイライター L01:シャンパンゴールドです。こちらも色自体はとっても似ているのですが、キャンメイクの方がパサパサしている粉っぽさがあります。」

「そしてラメが粒として感じられるのもキャンメイク。どちらかというと若い子向けな印象で、ギラギラを楽しみたい方はキャンメイクが良いでしょう。

一方で落ち着いた感じでハイライトをしたいという方はエクセルの方がおすすめ。控えめでラメも粒が見えないほど細かいので、綺麗に上品な感じに仕上がります。」

エクセルのハイライトはナチュラルに仕上げたい方におすすめ

一番ナチュラルに仕上がるのがエクセル。ハイライト入れた感が一番出ないので、そういった仕上がりがお好きな方はおすすめです。逆に一番ハイライトっぽさを出したい方はキャンメイクを選ぶと良いでしょう。」

「本当にちょっとした違いなのですが、面で光るようなハイライトが増えてきている中で購入する際には自分がしたいメイクに合わせて選べる選択肢が増えるのは良いですよね。ちょっと悩んでしまいますが(笑)」

同日発売のハイライト&チークブラシについて

「エクセル ドレープド シマーグロウと同日に、エクセルからハイライト&チークブラシが発売されます。」

「ハイライトにもブラシは付属されているのですが、私はこちらの別売りのブラシの方が使いやすいと感じました。付属のブラシは柔らかくて毛足が長いので、粉を取るときにふにゃっとしなってしまいあまり粉が取れません。

ハイライトなのでガッツリ粉を取らなくていいからこそこういう作りになっているのかもしれませんが、メイクをするからにはハイライトの存在感を出したい!という方には少し物足りなさを感じるでしょう。」

別売りのハイライト&チークブラシの方が硬めの毛質でコシがあり、粉をしっかりとキャッチしてくれます。そのため肌にのせたときにもしっかりとハイライトが入るので、私はハイライト&チークブラシを使用いただくのがおすすめです。

両方ともそうなのですが、良いなと思ったのは商品に合わせて作られているのでハイライトの幅と筆の幅が同じということ。」

「ブラシがはみ出ていたらブラシ全体に粉を含めなかったり、逆にハイライトの方が幅が広いとくるくると筆で取った際に均等に混ざらなかったりします。幅が同じであれば均等にブラシ全体に粉を取ることが出来るので、その点ですごく良いなと思いました。」

エクセル ドレープド シマーグロウの塗り方

「では実際に塗っていきましょう。付属のブラシを使われる際には、筆を立てて粉を取りましょう。そして筆を立てた状態のまま頬の高い位置に塗布してください。」

「別売りのハイライト&チークブラシを使われる際は、筆を寝かせて粉を取るようにしましょう。こちらは頬にのせる際も筆を寝かせたまま塗布すると良いです。」

まとめ

「いかがだったでしょうか。今回は10月26日(火)に発売されるエクセル ドレープド シマーグロウ、ハイライト&チークブラシをご紹介しました。

肌の内側からにじみ出たような自然な仕上がりになるハイライトで、ナチュラルメイクがお好きな方にも使いやすいアイテムでした。

ぜひ発売されたらお近くのドラックストアやバラエティショップなどでチェックしてみてください。」

専門家

池内 ひろこ(いけうち ひろこ)
「人生はメイクで変えられる」をモットーに荻窪でメイクトレーニングLa tuils(ラチェール)を運営。

・ビューティージャパン東京大会2019グランドファイナリスト
・ビューティージャパン日本大会2019ロイヤーズコーチング賞
・ビューティージャパン日本大会2019ベストビジョンプランニング賞受賞
・東京カレンダー公認インフルエンサー

>>Instagram
>>Facebook
>>Ameba Blog

池内さんのメイクトレーニングを受けたい方は
>>こちら



関連記事一覧

メイク

2022年1月13日

【2022年最新】おすすめ プチプラブラウンリップ19種 徹底比較!(ブルべ・イエベ・パーソナルカラー・トレンド...

おしゃれで大人っぽい印象になるブラウンリップ。深みのあるカラーだからこそ、自分に似合うものを選ぶのが...

メイク│2022年1月13日

メイク

2021年12月28日

【2022年最新】おすすめ プチプラ ピンクブラウンアイシャドウ 15種 徹底比較!(ブルべ・イエベ・パーソナル...

甘さがありながらも女性らしい印象になるピンクブラウンアイシャドウ。大人女性であれば1つは持っておきた...

メイク│2021年12月28日

スキンケア

2021年12月24日

塗るデンキバリブラシ!"実感できるスキンケア" タイトニングミスト | ELECTRON(エレクトロン)

スキンケアをしても結果が実感できない…と悩むことはありませんか? 今回は、世の中に"美の実感"...

スキンケア│2021年12月24日

メイク

2021年12月24日

2022年 おすすめ春ネイル特集(プチプラ・デパコス)|SIZZLE編集部が厳選

例年、色鮮やかなカラーが各ブランドから展開される春ネイル。 今回は、SIZZLE編集部のイ...

メイク│2021年12月24日

メイク

2021年12月24日

2022年 おすすめデパコス春コスメ特集(新作アイシャドウ・リップ)|SIZZLE編集部が厳選

例年、色鮮やかなカラーコスメが各ブランドから展開される春コスメ。 今回は、SIZZLE編集...

メイク│2021年12月24日